車の名義変更とは?

車の名義変更とは、自動車を売ったり買ったりする場合や相続の際に車の所有者を変更する手続きのことです。 国内の自動車は、国交省が主管となり、誰が所有しているのかを防犯や国策の観点で管理をしています。

そのため、名義変更を行わないと、自分が所有者とならないため、万が一何かあった際に、思いがけないトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。 自動車を購入・所有する際は名義変更を必ず行うようにしましょう。

車名義変更ガイドでは、普通自動車・軽自動車など車の区分における手続きの違いや、相続や代行を依頼する場合など、さまざまなケースの手続きや書類を詳しく解説しています。

軽自動車の名義変更

軽自動車の名義変更は自分で出来る?必要な書類と費用は

軽自動車の名義変更は、絶対にかかる費用としては自動車取得税くらいですので、普通自動車に比べれば安価です。また、車庫証明を取得する必要もなく、実印も使わないため印鑑証明もいりません。軽自動車の名義変更を自分で手続きする場合に必要な手順や書類、費用などについて知りたい場合はこちらを参考にしてください。
名義変更の代行

車の名義変更を代行したい。自分でやる場合との手続きと費用の違いは?

名義変更の手続きには、車庫証明を取得するところからですので、少なくとも1週間以上の日数がかかります。警察署や陸運局、軽自動車検査協会は平日しか手続きができません。平日に手続きすることが難しい場合は、代行業者へ依頼することができます。代行業者にお願いする際に必要な準備について知りたい場合はこちらを参考にしてください。