普通自動車の名義変更は自分でできる?必要な書類と費用は

車を個人売買などで購入したり、他人から譲り受けた際に必ず必要になる名義変更。 自分で手続きしたことが無いという人も多いかもしれません。なんとなく難しそうだし、できれば誰かが代わりに手続きしてくれたら助かるなという場合は、代行をお願いすることも可能です。
→代行業者に依頼する場合はこちら

代行業者に依頼する場合には、自分で手続きするよりも、1万円~4万円ほど多く費用がかかってしまいます。 お金に余裕のある方や、どうしても陸運局に行くことが難しい方には代行がおすすめです。

自分で手続きする際に、どうしたらいいのかわからないという方のために、このページでは、必要な書類や費用、手続きの方法を解説しています。 書類の準備等、時間がかかることはありますが、代行を依頼するよりも最大4万円安くなる! と考えて準備をしましょう。

名義変更手続きの流れ

名義変更は陸運局(もしくは運輸支局)で行うため、実際に陸運局に訪問し、手続きを行う必要があります。
→全国の陸運局一覧はこちら

当日の手続きでは、書類とお金(現金)が必要になります。せっかく、陸運局まで行って、書類やお金が足りなくて出直さなくてはならなくなったということがないよう、事前に準備してから陸運局に行くようにしましょう。

事前準備として、必要な書類とお金、当日の受付と手続きについて解説していきます。

必要な書類を準備しよう

陸運局で当日必要になる書類は下記です。書類名を見てもイメージがわかない場合は、下記のリンクに詳細な説明がありますので、そちらも合わせて確認してください。1つでも忘れてしまうと手続きができなくなってしまうため、出かける前に抜け漏れがないように準備してから陸運局に向かいましょう。

  • 印鑑証明(※発行から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(※印鑑証明と同じ実印の押印)
  • 譲渡証明書(※印鑑証明と同じ実印の押印)
  • 車庫証明
  • 車検証(自動車検査証 ※ 期限が切れていないもの)
  • 移転登録(名義変更)手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 申請書(第1号様式)

⇒必要な書類の詳細

必要な費用を準備しよう

名義変更の費用としては総額3000円~となります。名義変更の費用に関しては変動要素が多く明確に料金提示をすることが難しいです。例えば車庫証明は地域によって申請書の手数料が違います。他にもナンバープレートを変更する必要がある場合はナンバープレート代が別途必要になります。

・印鑑証明書:約300円~
地域の市区町村役場にて発行できます。※地域によって料金に差があります。

・移転登録手数料:500円
手続きに必要な手数料です。手数料分の印紙を購入して納付します。

・車庫証明の取得費用:約2500円~
車庫証明の申請及び交付に必要な費用です。※地域によって手数料に差があります。

・ナンバープレート:約1440円~
ナンバープレートの変更が発生する場合は別途、費用が必要です。また、希望ナンバーは3860円~、 図柄ナンバーの場合、7000円~の料金がかかります。※地域によって代金に差があります。

・代行手数料:約10000円~約40000円
お店によって異なります。またナンバープレートの交付が必要か否か、車庫証明の取得まで代行を依頼 するか否かによっても大きく料金が変わります。

・自動車取得税:新車当時の価格や経過年数による

手続き当日の流れを知っておこう

・陸運局へ
車庫証明や委任状、譲渡証明書などの必要書類が揃ったら地域の陸運局へ手続きに行きましょう。窓口で手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書(第1号様式)を取得します。

・書類の記入・提出
窓口で配布された手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書(第1号様式)に必要事項を記入します。記入見本等がありますので、それに沿って記入しましょう。手数料を納付し、必要書類一式を提出します。

・交付
窓口で新しい車検証が交付されます。記載に誤りがないか確認しましょう。

・税金の申告
自動車税・自動車取得税申告書と新しい車検証を税申告窓口へ提出します。自動車取得税の金額が提示されますので、納税してください。

・ナンバー変更がある場合は返却と新しいナンバーの交付
まず、ナンバー返納窓口へ使わないナンバープレートを返却します。その後、新しいナンバープレートをナンバー交付窓口で購入し、取り付けます。希望ナンバーや図柄ナンバーも同様です。