軽自動車の名義変更について

軽自動車の名義変更の流れに関して、自分で手続きする場合に必要な手順や書類、費用などについて紹介します。代行業者に依頼する場合はこちらをご覧ください。

名義変更の流れ

名義変更の流れを解説します。以下の3点を抑えておきましょう。

必要書類
必要経費
手続き・交付

必要な書類を準備しよう

  • 車検証
  • 住民票or印鑑証明
  • 自動検査証記入申請書
  • 自動車取得税・軽自動車税申告書

※ 軽自動車の名義変更に際し、実印などは必要ありませんが、車検証に記載されている所有者の印鑑(認印)の押印が必要になりますので忘れずにご準備ください。

⇒必要な書類の詳細

必要な費用を準備しよう

軽自動車の名義変更費用としては、全て自分で行う場合はほぼお金はかかりません。自動車取得税の納付くらいになります。ナンバープレートを変更する必要がある場合はナンバープレート代が別途必要になります。

・ナンバープレート:約1440円~
ナンバープレートの変更が発生する場合は別途、費用が必要です。また、希望ナンバーは3980円~の料金がかかります。

・代行手数料:約10000円~約30000円
お店によって異なります。またナンバープレートの交付が必要か否かによっても料金が変わります。

・自動車取得税:時価の3%

手続き当日の流れを知っておこう

・軽自動車検査協会へ
必要書類が揃ったら地域の軽自動車検査協会へ手続きに行きましょう。窓口で自動検査証記入申請書 や自動車取得税・軽自動車税申告書を取得します。

・書類の記入・提出
窓口で配布された自動検査証記入申請書と自動車取得税・軽自動車税申告書に必要事項を記入します。記入見本等がありますので、それに沿って記入し、必要書類一式を提出します。

・交付
窓口で新しい車検証が交付されます。記載に誤りがないか確認しましょう。

・税金の申告
自動車税・軽自動車税申告書と新しい車検証を税申告窓口へ提出します。自動車取得税の金額が提示されますので、納税してください。

・ナンバー変更がある場合は返却と新しいナンバーの交付
まず、ナンバー返納窓口へ使わないナンバープレートを返却します。その後、新しいナンバープレートをナンバー交付窓口で購入し、取り付けます。希望ナンバーも同様に専用窓口で購入します。