自動車の名義変更に必要な書類について

自動車の名義変更にあたって準備しなければならない書類などに関して、以下を確認してください。代行依頼する場合と自分で手続きする場合で準備しなければならない書類が変わりますが、ここでは自分で手続きする場合の書類について解説します。

旧所有者に準備してもらう書類

・印鑑証明
委任状や譲渡証明書に押印されているものと同じ実印の印鑑証明を準備する必要があります。発行から 3ヵ月以内のものを用意してください。

・委任状
代理の方が手続きに行く場合に必要な書類です。新しい所有者の方が手続きに行ったり、代行に依頼す る場合に用意します。実印での押印が必要になります。手続きをする人の住所や氏名、委任項目は 「移転登録」と記入します。

⇒委任状の記入例はこちら

・譲渡証明書
譲渡証明書とは、自動車の所有者が変更になった際、いつ、誰に譲渡されたのかを証明するものになり ます。旧所有者の住所、氏名、実印の押印が必要です。

⇒譲渡証明書の記入例はこちら

新所有者が準備する書類

・印鑑証明
委任状に押印されているものと同じ実印の印鑑証明を準備する必要があります。発行から3ヵ月以内のものを 用意してください。印鑑登録をしていない場合は、まず実印の登録をしましょう。住んでいる地域の市区町 村役場で手続きができます。

・車庫証明
自動車の保管場所を証明する書類です。車庫証明は管轄の警察署で申請を行い、確認してもらいます。自動 車を購入した場合や住所変更した際に必ずやらなければならない手続きです。

・車検証(自動車検査証)
必ず車に積まれている書類です。その車自体の情報や所有者に関する情報が記載されています。

・移転登録(名義変更)手数料納付書
手数料納付書とは、様々な手続きの際に手数料を納付するために必要な書類です。手数料分の印紙を貼り 付けて申請します。

・自動車税・自動車取得税申告書
自動車税事務所で書類を取得します。手続きする陸運局に出向いた際に隣接する税事務所で用紙に記入し 手続きすればOKです。

・申請書(第1号様式)
新しい所有者に変更された車検証の発行に必要な書類です。手続きの当日に陸運局で用紙を取得し、記入し てください。この用紙の情報が新しい車検証に記載されます。

軽自動車の場合に必要な書類

・申請依頼書
いわゆる委任状の事。軽自動車の場合には、申請依頼書という書類になります。

・自動車検査証記入申請書(軽第1号様式または軽専用第1号様式)
軽自動車の名義変更の際に新しい所有者に変更された車検証の発行に必要な書類です。手続きの当日に管轄の 軽自動車検査協会の支所の窓口で用紙を取得し、記入してください。この用紙の情報が新しい車検証に記載されます。

・自動車税・軽自動車取得税申告書
軽自動車の名義変更の際に必要な書類です。住んでいる地域を管轄する軽自動車検査協会の支所へ出向いて 手続きする際に窓口で用紙を取得、記入します。

別途、書類の準備が必要なパターン

新所有者・新使用者が異なる場合
新使用車の住民票と委任状を準備する必要があります。

ナンバーに希望がある場合
希望番号予約済証を準備する必要があります。希望番号予約センターで取得することができます。

未成年者の場合
新・旧所有者に未成年の方がいる場合、未成年の方の戸籍謄本と両親(どちらか)の印鑑証明、同意書が必要になります。

所有者の方が亡くなられた場合(相続)
本籍地の市区町村で戸籍謄本を取得する必要があります。また、亡くなられた方の財産を相続人で分配する 内容を証明するための書類「遺産分割協議書」の作成が必要になります。