車名義変更Q&A

軽自動車の使用者名義が「親」所有者「販売店」となっております。 ローンは完済済みで、購入時は親が乗っていましたが現在は私だけ使用しています。 近々、私が引越して親と離れて暮らすことになるので、現在親名義で請求されている自動車税の支払いなどを私宛にしたいのですがどうすればいいでしょうか?

まず、引越し後に住民票の移転と駐車場契約、車庫証明が取れるようになってから動くのがベストです。 次にローン完済済みでも、自動的に所有者「販売店」は使用者に名義変更されません。 車検証の所有者欄が自動車販売会社あるいはローン会社になっている場合に、使用者に所有権を移す「所有権解除」手続きが必要となります。

所有権解除手続きと移転登録(名義変更)手続き、通常2回行わなければいけないのですが、ローン完済した使用者が所有権解除と同時に 第三者に名義変更する場合は同時に変更出来るので1回で済みます。形式的には「販売店」から直接「あなた」に移転登録することになります。

販売店に連絡して以下の書類送付と必要書類を揃えます。

ローン会社・販売店が用意する書類

①譲渡証明書
②委任状
③印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)

新所有者が用意する書類

①自動車検査証記入申請書(登録窓口で入手)
②手数料納付書(登録窓口で入手)
③印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
④引越し先の車庫証明(自治体により不要な場合アリ)
⑤自動車検査証(車検証)
⑥自動車税・自動車取得税申告書(税申告の窓口で貰えます)
⑦実印(本人が申請する場合 申請書の所定欄に押印)
※委任状(代理人が申請する場合。実印を押したもの)

上記が揃ったら、引越し先住所を管轄する軽自動車検査協会事務所(普通車は運輸支局)で名義変更手続きを行います。

車の名義変更についての質問はこちらから。