自動車の相続手続き

自動車の所有者が死亡した場合、その名義は相続人全員で共有することになります。一般的にはその中の誰かが相続して使用することが多いようです。またはそのまま廃車したい場合もあるかと思います。いずれの場合においても相続手続きを行う必要がありますので、必要な書類や手続きについて説明します。

相続手続きの流れ

自動車の相続においても通常の名義変更と同様に自分で手続きすることも、代行業者や司法書士などに依頼することもできます。自動車だけでなく土地など含めまとめて司法書士にお願いしてしまうのが一番スムーズかもしれません。ご自分で手続きを行う場合は以下を参考にしてください。

必要書類
必要経費
手続き・交付

必要な書類を準備しよう

・戸籍(除籍)謄本
死亡した方のもので、相続人全員の記載があるもの。戸籍謄本では過去の情報がわからないため、原戸籍謄本が必要になる場合も。

・印鑑証明
名義を共有する相続人全員の印鑑証明が必要

・委任状
名義を共有する相続人全員の委任状が必要。実印の押印も。

・遺産分割協議書
相続人全員が実印を押印したもの。※未成年者がいる場合は代理人が押印

・自動車検査証
車検証に自動車の所有者が記載されている

・車庫証明書
もともと故人と同居していて、引き続き同じ車庫を使う場合は不要

必要な費用を準備しよう

相続手続きの費用としてはおよそ総額3000円~となります。名義変更の費用に関しては変動要素が多く明確に料金提示をすることが難しいです。例えば車庫証明は地域によって申請書の手数料が違います。他にもナンバープレートを変更する必要がある場合はナンバープレート代が別途必要になります。

・印鑑証明書:約300円~×相続人全員分
地域の市区町村役場にて発行できます。※地域によって料金に差があります。

・移転登録手数料:500円
手続きに必要な手数料です。手数料分の印紙を購入して納付します。

・車庫証明の取得費用:約2500円~
車庫証明の申請及び交付に必要な費用です。※地域によって手数料に差があります。

・ナンバープレート:約1440円~
ナンバープレートの変更が発生する場合は別途、費用が必要です。また、希望ナンバーは3860円~、図柄ナンバーの場合、7000円~の料金がかかります。※地域によって代金に差があります。

・代行手数料:約10000円~約40000円
お店によって異なります。またナンバープレートの交付が必要か否か、車庫証明の取得まで代行を依頼するか否かによっても大きく料金が変わります。

手続き当日の流れを知っておこう

・陸運局へ
車庫証明や委任状、譲渡証明書などの必要書類が揃ったら地域の陸運局へ手続きに行きましょう。窓口で手数料納付書、申請書(第1号様式)を取得します。

・書類の記入・提出
窓口で配布された手数料納付書、申請書(第1号様式)に必要事項を記入します。記入見本等がありますので、それに沿って記入しましょう。手数料を納付し、必要書類一式を提出します。

・交付
窓口で新しい車検証が交付されます。記載に誤りがないか確認しましょう。

・ナンバー変更がある場合は返却と新しいナンバーの交付
まず、ナンバー返納窓口へ使わないナンバープレートを返却します。その後、新しいナンバープレートをナンバー交付窓口で購入し、取り付けます。希望ナンバーや図柄ナンバーも同様です。